「ブランド物好き」経営者にありがち 「会社を滅ぼしかねない」発想法

印刷

   先日お目にかかった中堅自動車部品メーカーG社のH社長。大学生の一人息子が成人したお祝いにロレックスの時計をプレゼントしたのだと、嬉しそうに話していました。聞けば買い与えたのは百万円近くもする腕時計。成人のお祝いに随分高価なプレゼントをあげたものだと思い、その意図を尋ねてみました。

   「息子にはうちを継がせようと思っていましてね。本人も異存はないようで一安心なのです。あとは会社に入ったら出来るだけ早い段階で、社長のイスを譲りたい。そのためには今からでも経営者としての教育をしなくてはいけません。高価な時計をプレゼントしたのは、成人したこの機会に来たるべき時に備えて、今から「本物」を知っておけという意味を込めたものです。これもまた、いわゆる帝王学というやつですよ」

   なるほど、ご子息を自分の跡を継ぐ立派な経営者に育てたい、社長の思いは十分に伝わってはくるのですが、私には過去の嫌な記憶が頭をよぎってしまいました。

●●しか持たないことにしている

高価なプレゼントではなく・・・
高価なプレゼントではなく・・・

   北関東の工場内整備機械メーカーS社のT社長は早くに創業者である父を亡くし、やむなく跡を継いだ母の女手ひとつで育てられ、大学卒業後に入社するとほどなく若くして社長に就任した2代目経営者でした。当時、私は銀行員。彼の特徴は、上から下までブランド物で固めた身なりでした。バブル期に学生時代を過ごしたという影響を勘案しても、年上で銀行員の私から見て、経営者として違和感を覚えさせるものでした。

   ブランド物が好きな経営者というのは意外にいるものです。昔から、「僕は身の回りのモノは、ダンヒルしか持たないことにしているんだ。モノが良いからね」「バーバリーを一度身につけると安物は着れない。私はコートから下着まですべてバーバリーと決めているよ」、などと公言してはばからない経営者。口には出さなくとも、ブランド物をこれ見よがしに身にまとう自信に充ち溢れた経営者の表情は幾度となく見て来ています。

   心理学を扱った本によれば、ブランド物が好きな人ほど実は自分の内面に自信がないのだとか。ブランド物を身につけることで「高級感」を身にまとい、それを身につけている自分自身もまた周囲から「高級感」をもって見てもらえるに違いない、という潜在意識がそうさせているのだと。自分では出せない人間的高級感を、ブランド品に頼って出そうとしている。現実に、この話に思い当たる経営者は多いものです。

「名門」というブランドに頼った取引展開だったのか

   ある時にT社長とサシで杯を傾ける機会があり、社長がなぜブランド品ばかりを身につけているのか、酒の勢いも手伝って思い切って尋ねてみました。

「別にブランド品だから買っているわけじゃない。単純にモノが良いから着ているのですよ。昔から『安物買いの銭失い』って言うでしょ。ブランド物は確かに高いけど、中身は間違いない。1枚1000円のTシャツや1本2980円のスラックスなんて、身につける人の気が知れませんね。安物ばかりを身につけていると、人間まで安くなっちゃいますよ」

   いつも安物を身につけている私に対するアテツケじゃないかと思うほど、自信に充ち溢れた物言いに反論の余地は全くありませんでした。

   それから5年ほどの後のことです。退職した私の耳にS社倒産の報が入ってきました。納品先中堅商社の倒産の煽りを受けた連鎖倒産であったと。たまたま、とある会合で顔を合わせた知り合いの経営者が教えてくれました。

「リーマンショックの影響で主要先への販売が落ち込んで、地域の名門貿易商社を頼って新規ルートの開拓を盛んに行っていたのですが、信じて取引を拡大していたその商社が実はやはりリーマンショックで傷んでいたのです。一部地元経営者の間では、あの商社は名門かもしれないが危ないと囁かれていたそうなのです。お父様を早くに亡くされて、仕事の本質を教えてくれる人がいなかった2代目の不幸なかもしれませんね」

   T社長の「ブランド志向」は、自身が本質を見極める術を持たないが故の護身策だったのかもしれない。そして、「名門」というブランドに頼ったが故の本質を見失った取引展開が、命取りになったのかもしれない。私はそう思わずにはいられませんでした。

本質を見極め、良いのモノを選ぶ

   大切なことは「ブランド物=良いモノ」という認識ではなく、ブランド物であるか否かに関わらず本質を見極め、良いのモノを選ぶという習慣づけにより識眼を養うということ。分かりやすい例を引くなら、中途採用において有名大学を出たか否かで人を選ぶのではなく、本当に自社に役立ちそうな人物であるか否かで選ぶという観点が重要ということです。

   冒頭のH社長のケースも、高価なブランド物を買い与えて良いモノを教えることが帝王学ではなく、ブランドの有無にかかわらず良いモノを見極める目を養わせることこそが帝王学と呼ぶにふさわしい、ということになるでしょう。

   今の段階では余計なことは申し上げませんでしたが、G社がS社の二の舞にならないために、H社長が2年後、ご子息の卒業祝いを贈る際には「ブランドに頼らず良いと思うモノを自分で選んでみろ」と言えるよう、まずは現社長の意識改革をしていきたいところです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
できる人だけが知っている仕事のコツと法則51 エレファントブックス新書できる人だけが知っている仕事のコツと法則51 エレファントブックス新書
大関暁夫

エレファントブックス 2012-11-19
売り上げランキング : 102028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中