2019年 12月 12日 (木)

実は恐ろしい、忘年会後の「ケチナノミヤ」 メンタル不調との関係とは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大都会の夜はずいぶん変わりました。LEDの眩い灯が、しばし孤独を癒し郷愁を誘う――年の瀬ですね。「吉田類の酒場放浪記」を見て「なごむなぁぁぁー」と、つい思ってしまいます。


   予測不能の大きな変化に直面する今の時代は、先行き不安や恐怖、人間関係の軋轢、理不尽な要求等々の状況に、どっぷり浸かる日々でもあります。せめて年末は忘年会で「ストレス」を全部、清きアルコールで流し去って楽しみたい・・・と考える人も多いでしょう。しかし、翌日「ケチナノミヤ」に通うよう(?)な言動がみられたら、少し気を付けましょう。

「アルコール依存症」の兆し

忘年会が終わったあとに・・・
忘年会が終わったあとに・・・

   メンタル不調のサインの一つとして見られるのが、職場での「ケチナノミヤ(欠勤、遅刻、泣く、能率が下がる、ミスが出る、職場を辞めたい)」です(医師の鈴木安名先生の言葉を私なりに解釈させて頂きました)。


   飲みすぎによる「不調」の現れです。失敗談として笑い話で済むうちはいいですが、すでに「アルコール依存症」の兆しだとすると油断はできません。忘年会の翌日の欠勤・遅刻は、メンタル不調のサインとなります。継続すると、なお疑いは強まります。楽しいはずの忘年会にも危険が潜んでいるのです。


   「アルコール依存症」のチェックポイントは次の3つです。あなたも確認してみましょう。


1:精神依存。夕方になると酒なしではいられない渇望が続く。
2:身体依存。体が酒を求める。お酒がないと体に不快な反応が起きる。
3:離脱(禁断)症状。ある日、酒をやめたら出てくるのが「振戦せんもう」。手足のふるえ、不快感、不安、錯覚、けいれんなどが現れます。ビールを飲む手が小刻みに震えていませんか?他に「健忘症状」も。「健忘」とは、ある期間の記憶の減退をいいます。呑んだ場所や時間を忘れていること、ありませんか?


   心配な方は、ジョンズ・ホプキンス大学や久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の、より詳細な診断方法が出ているので参考にされたい。

佐藤隆(さとう・たかし)
現在、「総合心理教育研究所」主宰。グロービス経営大学院教授。カナダストレス研究所研究員。臨床心理学や精神保健学などを専攻。これまでに、東海大学短期大学部の学科長などを務め、学術活動だけでなく、多数の企業の管理職向け研修にも携わる。著書に『ストレスと上手につき合う法』『職場のメンタルヘルス実践ガイド』など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中