2019年 6月 25日 (火)

俺の仕事もロボットに代替されるやん... それでも「大歓迎」な人々の論理

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   道を無人運転のタクシーやバスが行き交い、飲食店のウエイターやコンビニのレジ、さらには家で家事を請け負うのもロボットと、町中に「自動」「人工知能(AI)」があふれている――

   こんなSF(サイエンス・フィクション)のような世界が、遠からぬ未来にノンフィクションとなるかもしれない。「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能」という研究結果が、このほど公表された。

駅務員、警備員、データ入力係も代替可能?

自動化される?
自動化される?

   野村総合研究所は、英オックスフォード大学のマイケル A. オズボーン准教授とカール・ベネディクト・フレイ博士との共同研究で、日本国内の601の職業について、それぞれ人工知能やロボットなどで代替される確率を試算した(2015年12月2日公表)。

   それによると、日本の労働人口の約49%が、技術的には代替できるようになる可能性が高いと推計された。

   「代替可能性の高い職種」として、医療事務員や駅務員、警備員、建設作業員、データ入力係、タクシー・電車・バスの運転者(士)、レジ係などの「必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業」が挙がった。

   「代替可能性が低い職業」には、映画監督、コピーライター、医師、助産師、美容師、研究者、ミュージシャンなど、「芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業」が、それぞれ100種例示されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中