2020年 11月 26日 (木)

実は恐ろしい「いい加減」な採用担当 本当は「計算された狙い」アリ
【シューカツ異種格闘技戦】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

グループディスカッションで「いい加減」なお題

   その点、就活はどうでしょうか?

   仮に、エントリーシート郵送の消印有効日に間に合わなかった、としましょう。

   センター試験ならその時点で出願を断られます。

   が、就活の場合、企業によっては当日持参でも受け取るところがあります。

   会社説明会についても、ナビサイトの満席表示は無関係であることはこの連載で明らかにしています。

   グループディスカッションも同様。

   あるベンチャー企業では、お題を考えなければならなかった採用担当者が土壇場になっても考えられませんでした。

   そこで迎えた、グループディスカッション選考当日。

「えーっと、今日、お題思いつかなかったので、『弊社の選考参加学生を増やすためには』。これでよろしく。時間は1時間です」
石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中