「専業主婦」像に漂う閉塞感の正体 【女性キャリア最前線】

印刷

   先日、学生時代の友人2人と会いました。専業主婦で、3歳と1歳の子供がいるK子と、同じく専業主婦で、5歳の子供がいるY美です。場所は、2人がたまに行くという「子連れ歓迎」のカフェ。大人専用の席とは「別の部屋」に、小さな子供が遊べるスペースが設けられた「ママ&子供専用」の部屋があるのです。

   抗菌じゅうたんが敷かれ、ベビーベッドが置かれた部屋は、カフェというより「おうち」の雰囲気。子連れママには安心です。K子は、「3歳と1歳の子連れで気軽に飲食できる場所は、ほとんどない。ファミレスでも人目が気になる」と、言っていました。どうやら、子育ては思ったより大変そうです。

結婚はしたいし、子供もほしい。でも・・・

社会との距離感が・・・
社会との距離感が・・・

   「かやちゃんはいいなぁ、東京で仕事してるなんて」「ニュース書いてるの? すごい! 読むね!」。しばらくぶりで会ったので、2人に近況報告をしたところ、こんな反応が返ってきました。嬉しかったものの、自由に仕事をし、家事育児など「ケア労働」を一切しなくてよい1人暮らしの身としては、そこまで褒められた生活をしているとは思っていません。神妙な気持ちになったので、「いやいや、普通にニュースとかコラム書いてるだけだよ!」と返すと、「でも、楽しそう。私なんて、家事とか子供の世話の合間に、ヤフーニュースの芸能欄くらいしか読まないよ~」と、K子は笑いました。

   「私もそう。芸能ニュースくらいしか読まないし、世間の難しい話題についていけない! あれこれ家事して、献立を考える時間が近づくと、憂鬱になってくるんだよね」と、Y美。

   幼い子供が2人いるK子は、「子供からはとにかく目を離せない。上の子がすねちゃって、こっちの言うことを聞かないから、つい怒鳴っちゃって・・・Y美はそんなことない? 私だけかなぁ」と、少し不安そうでした。

   複雑な気分です。先日、『本当は結婚したくないのだ症候群』なる新刊(青春出版社)を出したのですが、そこでインタビューした、ある独身女性の発言を思い出したからです。

   「結婚はしたいし、子供もほしい。でも、専業主婦の友だちが、フェイスブックに子供の写真ばかりアップしているのを見ると、『それしかないの?』『家事育児しかない生活・・・』って思っちゃう」(インタビューした東京の独身女性)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中