2020年 12月 1日 (火)

「ソーシャルゲーム」化する国際競争 日本は「勝ち組」になれるのか
【アジア海外就職】

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   昨(2015)年末、フィンランドでベーシックインカムの導入が検討されるというニュースが流れました。

   ベーシックインカムとは、国が、国民全員に、金持ちだろうが貧乏人だろうが分け隔てなく、生活できるくらいの金額を渡す。その代わり、それ以外の社会保障はなしよ、という政策です。

   フィンランドだと月額800ユーロ(約11万円)くらいが検討されており、もし仮に日本でやるとしたら8-12万円くらいになる感じでしょうか。国は「生きていけるだけのお金は用意するから、あとは自分でなんとかしてね」という、ある意味面倒を見ているけども、ある意味突き放しているような政策です。

無料参加と課金アイテム

その時、日本は・・・
その時、日本は・・・

   これを見たとき思ったのは、「なんかソーシャルゲームみたいだな」ってことです。

   2016年現在、スマホで出ているゲームのほとんどは無料でダウンロードして、無料で多くの機能を楽しむことができます。

   日常的な冒険をしたり、宝物を見つけて強くなったり、時々開催される大会にでて腕試しをしたりと、やれることはたくさんあります。

   ただ、すごく強くなれる宝物を手に入れたり、大会で上位入賞しようとしたりすると話が変わってきます。課金をしないと手に入らないアイテムは、無料でできる冒険で手に入るアイテムとは格段に違う強力さなので、超絶いいアイテム入手や上位入賞を目指し始めると、課金が必須になるわけです。

   最初は無課金で楽しんでいた人も、段々と欲が出てきて強い宝物が欲しくなったり、上位入賞がしたくなったりする。そのために、課金を始める。ゲームメーカーは、この様な人を増やす仕組みを作って、稼ぐわけです。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中