38度の熱なら「休むのは論外」 体調管理と「会社の掟」

印刷

   風邪でも会社を休めない――周囲でも時折耳にする話だし、テレビを見ていても何やら聞いたことがあるフレーズのような気も・・・

   発熱したり風邪をひいたりした際、会社を休むのは「論外」なのか、それともむしろ休むべきなのか。そんな古くて新しいテーマが、今年もネットを賑わせている。

「インフルエンザじゃないなら出社すべし」

やっぱり休んじゃダメ?
やっぱり休んじゃダメ?

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、

「熱が38度でも職場に行く事は良いことですか?休むことは周りに迷惑かけるし本当は甘っちょろい考えですか?」

という質問が投稿された(2016年1月28日)。

   回答者からは、

「私なら、そういう状態で来られたらうつるかもしれないし迷惑なので、休んでもらいたいと思います」
「休む休む 早く回復して復帰して頑張る方が効率もいいですしね」
「休んで下さいな。無理は良く有りません」

など、休むことを推奨する声が多く上がった。しかし、正反対の考え方もある。

「自分なら行きます。38度なんて大したことないです」
「インフルエンザとかの伝染性のものでなければ、38度の熱で会社休むのは論外」

など、「休まない」「休むべきではない」派も少なくない。

「風邪くらいで・・・」という空気

   もちろん風邪を引いてしまった時は万全な体調になるまで休み、復帰してから頑張るというのが理想的だが、「風邪くらいで・・・」という空気の職場ではなかなかそれも難しいかもしれない。

   せめて熱だけは下げて出社したいという人のために、過去にQ&Aサイト「教えて!goo」で、「風邪の熱を一晩で下げる方法」が話し合われていた(2011年1月26日トピック作成)。

   自身はうまくいったという体験談として、

いわゆるビタミンCの錠剤を牛乳と一緒に飲んだり、スポーツドリンクを多めに飲んでから寝る、といった事例を報告する人もいた。中には、「猟師」だというユーザーから、
「鹿の肉を熱のある部分に貼ってください。おでこ、四肢の大腿部など、熱が取れます」

と、かなり独特な方法も投稿されている。

   もちろん、早めに病院に行く、という選択肢もある。2016年1月の最後の1週間で、医療機関を受診したインフルエンザ患者の推計は、今シーズン初めて100万人を超えた(107万人)。その高熱が「ただの風邪」ではない可能性も十分ある。いずれにせよ、早めの対処でお大事に。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中