2020年 12月 2日 (水)

「身も心もボロボロ」に ある起業家が「高い授業料」払い学んだコト
【社長のお悩み相談室】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   3年前に人を介して知り合った30代の若手起業家M氏が突然、「元銀行員の大関さんに相談したいことがある」と私を訪ねてきました。

   初対面の時、「弊社は起業から2年、私が考案したWEBを活用した新たなビジネスが投資家の皆さんから評価され、先行きが見えてきました。上場に向けて、社内整備等で相談させて頂くことがあるかもしれませんので、よろしくお願いします」と話していたM氏。当時、彼が忙しそうにしていたのはもっぱら、ベンチャー・キャピタルからの出資を引き出す事業計画の作成でした。

「どんどん支援してくれる」ベンチャー・キャピタルが豹変

こんなはずでは・・・
こんなはずでは・・・

   その際彼は、私を元銀行員と知って、こんなことも言っていたのです。

「銀行は、我々のような実績のない起業家にはなかなかおカネを貸してくれませんが、ベンチャー・キャピタルは、計画の実現可能性に賭けてどんどん支援してくれます。しかも資本投下ですから、月々の返済は不要。業歴は長くとも発展性のない企業ばかりを相手にしている銀行は、このままではジリ貧になると思います」

   そんな彼が今回は、藁をもすがる思いで助けを求めてきたのでした。

「ベンチャー・キャピタルから、投資した資本の回収を迫られて困っています。消費者金融の借金取りより強硬です。自殺か逃亡か、もはやそんなことまで真剣に考えてしまうほど追いこまれています。お知り合いの銀行とかに助けてもらうことは、できないでしょうか」

   彼の話をかいつまむと、彼のWEBビジネスはここ1年ほど、類似のサービスの登場によって伸びを欠いていた。そこにもってきて、さらに取って代わられるような新規ビジネスが登場して、俄然旗色が悪くなった。現状では上場は夢物語になりつつあり、ベンチャー・キャピタルは、事業計画の見直しも含め上場への道筋を立てられないなら、投資した資金をすぐにでも返せと迫ってきた、と言うのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中