2019年 10月 18日 (金)

「学歴と年収」の古くて新しい問題 関係「あり」派VS「なし」派の攻防

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「仕事に学歴なんて関係ない」という言い方には、一定の説得力がある。が、本当にそうだろうか。「学歴が関係ある」状況があるからこそ、逆に「そんなことはない!」と言いたくなる、という人もいるかもしれない。

   最近では、プレジデント・オンラインが記事にした「『学歴別』平均年収ランキング」が、話題になった(2016年1月27日配信)。ネットでは、「納得の結果」という人、「俺が平均を下げてる・・・」とつぶやく人など、様々な声が飛び交っている。

「電通大が6位」

将来の年収は・・・
将来の年収は・・・

   記事では、インテリジェンス(本社・東京)が14年9月末までの1年間に、自社で運営する転職支援サービス「DODA」に登録した人の年収を基に作成した「卒業大学別平均年収ランキング」に、『2016年度用大学受験案内』(学研)が公表した各校の偏差値を加えた表を紹介した。

   ランキングの1位は「東京大学」で、平均年収は631.5万円。2位は「一橋大学」(628.1万円)、3位は「東京工業大学」(615万円)、以下、「京都大学」(597万円)、「慶応義塾大学」(582万円)、「電気通信大学」(582万円)、「首都大学東京」(570万円)などと続く。それぞれ、各校の偏差値も併記している。

   ツイッターでは、6位の電気通信大学への注目が、けっこう高い。「電通大が6位なんだ。俺もこれくらい稼げるようになれるの?」と、ワクワクしている在学中の学生らしき人もいれば、「電通大やるなぁ。受験生はよく見ておくように!」と、本格的な国公立の受験シーズンを前にして、冗談交じりにつぶやく人も。一方、「電通大は、単純に就職先がほとんどIT系企業で、IT系企業の平均が高いからこうなっているのでは??」と分析する人もいる。

   記事によると、1位の東京大学(631.5万円)と、94位の千葉工業大学(443.6万円)の差は「約190万円」。今回は、調査対象者の平均年齢が「33歳」であるため、40代~50代になってくると、さらに年収差が開く可能性もあるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中