2019年 12月 8日 (日)

母親が就活で子供に望む 「公務員・大企業より人気」の仕事とは

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2017年卒の就職戦線がスタートしたが、仕事をもつ母親に「子供にとって望ましい就職先」を尋ねたところ、終身雇用の大企業や公務員よりも、社会の変化に対応できる専門職や技術職を望む声が多いことが民間の調査でわかった。

   もっとも、大学生らに大企業の人気は依然として高く、両親に就職活動について「相談する」と答えた学生は50%と半数どまり。前年にも増して短期決戦となる今年の就職活動で、就活生と親の世代間ギャップは埋まるのだろうか。

10年先に残っている職業は?

就職戦線がスタート
就職戦線がスタート

   人材サービスの「ビースタイル」が、「自分の子供に選んでもらいたい就職先」について、仕事をもつ母親に尋ねた(有効回答344件、平均年齢44歳)ところ、子供に「国内の大手企業に就職し、終身雇用で働いてほしい」と答えたのは、20%で最下位(除く「その他」)だった。「公務員として安定して働いてほしい」も31%で、意外にも大企業や公務員の終身雇用を望む母親は少なかった(2016年3月1日、発表)。

   最も多かったのは「専門職・技術職など手に職や資格を持って働いてほしい」の69%。このほかは「大手・グローバル企業で国境を越えて働いてほしい」が30%、「起業・フリーランスなど独立して働いてほしい」が21%など、相対的に少なかった。

   母親たちが専門職や技術職を支持する理由としては、「既存の企業や組織に頼らず、自身の能力を磨き、社会貢献できるような仕事についてほしいから」(60代、自営業)、「10年先は、どのような職業が残っているのか。社会情勢によって仕事は変わるから」(40代、アルバイト)などの声があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中