2020年 10月 25日 (日)

面接の内容、SNS書き込みは要注意 ひょっとしたら人事担当者が・・・

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

あわれSNSの書き込みで不採用の例も

   コラムサイト「ウレぴあ総研」では、現役の人事担当者が「面接者の『書き込み』が選考を左右した実例」を紹介している(2013年3月11日)。

   面接終了時点では次のステップに進めるはずだった学生が不採用になった。面接で質問された内容をSNSに書き込んでいたことが理由で、面接官同士で「だめだよね。ネットにうちの情報とか書き込みする人は」という話になり、「採用した後に会社の情報を漏らすかもしれない要注意人物」に認定されてしまったという。

   こうしたやり方には賛否あるようだが、まさに就活中という人たちは、万が一の後難を恐れてSNSでは面接の内容の投稿は控えたほうがいいかもしれない。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中