英語教育が変わる、あなたが変わる 「1億総英語社会」とは何か

印刷

   『対談!日本の英語教育が変わる日』(三宅義和、プレジデント社)。2016年3月15日、発売。著者は、英会話教室を運営しているイーオンの社長。楽天グローバル人事部副部長の葛城祟氏ら11人との対談で、プレジデント・オンラインの連載を単行本化した。出版社サイトによると、

「企業の『英語の公用語化』、『英語力による昇進昇格要件化』、(略)大学入試の大改革、さらにインバウンド激増、2020年の『東京オリンピック』と、まさに1億総英語社会へ突き進んでいく。あなたは何のために英語を学ぶのか」

   あなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。

『対談!日本の英語教育が変わる日』
『対談!日本の英語教育が変わる日』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中