スマホを忘れ食事を楽しもうよ プライスレスな時間作りに特製カプセル登場
【サイト拝見】

印刷

   いつでもどこでもネットにつながるスマホ。とても便利ではあるのだが、食事中にもつい使ってしまうことについてはマナー上の疑問を感じたことがある人も多いだろう。

   こういった問題は日本にかぎらず世界中で起きている。今回は、日本では「Priceless Japan」のキャンペーンを行っている「MasterCard」のポーランド法人が実施中のスマホマナー対策キャンペーンをご紹介する。

会話がはずめばはずむほどうれしいクーポンが

スマホ8台まで収納可能なMasterCard Capsule
スマホ8台まで収納可能なMasterCard Capsule

   2016年3月31日まで実施されているキャンペーン「#PricelessTime with MasterCard Capsule(マスターカードのカプセルでプライスレスな時間を)」では、そのタイトルの通りマスターカードのトレードマークをかたどったカプセルが用意されている。中にはスマホを8台まで入れてしまっておくことができる。

   このカプセルはワルシャワにあるレストラン3店に用意されている。来店した客は食事前、スマホをこのカプセルに収めてゆったりと食事と会話を楽しみ、さらに食事を終えて取り出すまでの時間に応じたクーポンをゲットできるという。

   カプセルが用意されている席に座り、スマホを入れフタを閉めるとタイマーがスタート。料理をオーダーするにはまずこのカプセルにスマホを入れなければならないようで、メニューを見て選ぶところからスマホなしで会話を楽しんでもらおうという狙いのようだ。

   食事とおしゃべりを十分に楽しんだあと、スマホを取り出して終了。保管された時間とゲットできるクーポンは以下の通り。スマホを封印してゲットできるご褒美としては十分なくらいだ。

1時間:レモネード
1.5時間:デザート
2時間:ピザ・マルゲリータ
2.5時間:好きなパスタ

カードの支払いはスマホでもOKとアピール

   2月末にはキャンペーン動画が公開された。ワルシャワのとあるオシャレなレストランが取り上げられ、食事をしている人びとがスマホ画面に夢中になっている場面が映し出される。それを見ていた店員は「not such fancy manner(良いマナーじゃないね)」と一言。

   そこで彼は、円テーブルで食事の写真を撮り続けている若者たちにカプセルを紹介。その中にスマホをしまった若者たちは、店員から渡されたMasterCard特製の単語帳のようなカードを使って盛り上がっている様子。

   店員は「You don't need smartphone(スマホは必要ないね)」と言いながらも、スマホで支払いができるアプリを使用している場面ではMasterCardマークが表示され、「You "almost" don't need smartphone(〝ほとんど〟必要ないね)」と言い直し、きっちりとMasterCardでの支払いをアピールしている。

   ちなみに動画に登場する単語帳のようなカードには、会話をより楽しくするためのトピックが集められており、その中からみんなでトピックを選んで会話をはずませることができるという。

   このカプセルは、途中でちょっとでもフタを開けてしまうとタイマーがリセットされる。開けてしまった人はみんなにレモネードをおごるハメになったりしそうだ。(執筆:中井千尋 編集:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中