2021年 4月 14日 (水)

完璧ばかりが能じゃない 就活に求められる「中途半端力」とはなんぞや?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

そういうものだと割り切れ

   こうした中途半端力、もたない学生に共通しているのは、社会人との接点の少なさです。

   社会人と接点の豊富な学生だと、同時進行で多くのことをこなさなければならないことをよくわかっています。そのため、グループ面接中はどこに顔を向けているべきか、などと質問することはまずありません。

   しかも、中途半端力のない学生は、社会人から少しネガティブなことを言われただけで、へこんでしまいます。

   その結果、ますます就活がうまく行かなくなってしまいます。

   では、中途半端力の乏しい学生はどうすればいいでしょうか。

   まずは、中途半端であることに対して「仕方がない」と諦めることです。

   同時進行で多くのことをこなそうとして、それぞれが中途半端な状態になってもそういうものだと割り切ること。

   特に新聞や『就職四季報』などについては、細大漏らさず完璧に読もうとはせず、斜め読みしていくことを強くお勧めします。

   できのよくない学生ほど、「まずは自己分析を固めてから」などと言い出し、そこから先に行けないままドツボにはまっていく、ということがよくあります。

   社会人になったって同時進行で多くのことを抱えます。途中経過だけ見れば、全部中途半端、ということだって珍しくありません。そういうものだ、と割り切るのが社会人です。

   社会人イコールすごい、と思い込む学生も多いのですが、そのゆるさのあたりも見てほしいなあ、と思う今日この頃です。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中