2020年 8月 10日 (月)

ソクラテスに学ぶストレス・コントロール やろうと思えば今日からデキる

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

人に感謝し、身体を動かす

   若い体力の秘密については?

「遅く帰ると、女房が箒の柄の部分で、足や頭を叩くんです。だから叩かれないように横に避け、ジャンプして足を叩かれないようにしています。」

と、すべて奥さんのおかげと考え感謝している。

   アルバート・エリスの認知理論のとおり、同じストレッサーがあっても「認知(受け止めかた)」によりストレス反応は異なります。

   哲学者ソクラテスの妻「クサンチッペ」は有名な悪妻です。ハァさんは、クサンチッペ的奥さんと暮らしていても「自分が健康なのはストレスを与えてくれる奥さんのお蔭」と感謝しています。自己成長の糧と思って暮らしています。だから職場では「ソクラテスのハァさん」と呼ばれているのです。一方、奥さんの方は、運動不足と栄養過多で「メタボ」になったそうです。

   ハァさんのように人に感謝し、身体を動かして暮らすことが、一瞬にしてできる最強のストレス・コントロール方法のようです。(佐藤隆)

佐藤隆(さとう・たかし)
現在、「総合心理教育研究所」主宰。グロービス経営大学院教授。カナダストレス研究所研究員。臨床心理学や精神保健学などを専攻。これまでに、東海大学短期大学部の学科長などを務め、学術活動だけでなく、多数の企業の管理職向け研修にも携わる。著書に『ストレスと上手につき合う法』『職場のメンタルヘルス実践ガイド』など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中