2020年 11月 25日 (水)

今後の「幸せ」のキーワード 日本の場合、それは「貧乏慣れ」?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   先日、東京で時間ができたので、ネットカフェに行ってみました。

   空港のラウンジのような綺麗な空間で、飲み物やPC、本が山ほど置いてある贅沢な空間で、実に居心地がいい。さすがジャパンクオリティと、感心するようなところでした。

   が、その後案内された個室の狭さたるや。

   その圧迫感はかなりのものであり、ネットカフェ難民となって、毎日ここに宿泊するとなると、ちょっと厳しそうだなとも思ってしまいました。

寝ている場所は「屋根はあるが壁なし」

ハードルを下げて幸福度を上げるしかない
ハードルを下げて幸福度を上げるしかない

   そんな記憶を持ってカンボジアプノンペンに帰ってきて、自宅の門を開けてもらうためにブザーを押します。そうすると、駐車場で寝ていたスタッフがのそのそと起き出して門を開けてくれます。

   プノンペンでは、トゥクトゥク(バイクに荷台を付けたタクシー)のドライバーは、よく高級マンションの駐車場で寝ています。

   マンションの管理人が、ガードマンとして彼らを雇っており、彼らは駐車場に置いた簡易ベッドやトゥクトゥクの荷台に寝泊まりしているのです。

   防犯のため、マンションの門は門で閉じられており、ブザーを押すと、駐車場に寝ている彼らが起きて、門を開けてくれる。そして、私が中に入るとまた門が閉じられる。人力のオートロックです。

   彼らが寝ているのは駐車場なので、屋根はありますが、壁はありません。

   常夏のカンボジアなので寒くはありませんが、砂埃や蚊は多いです。1日、2日であればキャンプ気分で楽しいかもしれませんが、無期限となるとネットカフェよりも大変そうです。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中