2020年 8月 9日 (日)

「置かれた場所で咲いていい?」 後輩に抜かれ続け社員にどう答えよう

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   社会人になりたてほやほやの新卒も、ちょっとヒネた感のある中途組も、職場に新しい顔として入ってくるこの時期。デキる新参者の出現に「ほぉ」と感心している、あるいは「むむっ」と焦りを感じている先輩社員も少なくないのではないか。

   ネット上では、そんな「新人に抜かれてしまった」会社員からの、「このままでもいいのだろうか」という相談が寄せられている。

先輩面はしないから

スタートラインは一緒でも
スタートラインは一緒でも

   Q&Aサイト「OKWAVE」に、「会社員として、後輩に抜かれる先輩は悪人か」という相談が投稿された(2016年4月5日)。

   投稿者は入社7年目の29歳男性。次長との面談で、「お前は入社3年目の後輩どころか、新人にも抜かれているよ」「まあ彼は彼、私は私なのかも知れないけどさあ」などと言われてしまったそうだ。それでも、良い気持ちはしないが「抜かれたら抜かれたで仕方ないと思います」と、淡々と心境を語る。

   「『いい中学→いい大学→いい会社』というコースを歩めば、体育ができなくても音楽、美術ができなくても、コミュ力ゼロでも人生安泰という価値観のご両親に育てられ」、体育会系の民間企業に向いていないと自認している投稿者。

   「もちろん仕事について改善していきたいし、他の仕事に移ろうと資格の勉強を密かにしていたりはしています」とした上で、

「後輩に抜かれ続けようが、自分は自分なりに正社員、社会人として、置かれた場所で咲いて良いでしょうか?その代わり、後輩の皆さんに先輩面しようとも思いません」

と、追い抜かれてもマイペースは崩さないと宣言する。最後に、

「皆さんの周りで、後輩にどんどん抜かれて、後輩や部下を持たない社員は、どうなっていますか?」

と、意見を求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中