2019年 3月 19日 (火)

夏ボーナスは増えそう?減りそう? シンクタンク予測、割れる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   民間のシンクタンク5社が予測した、民間企業1人あたりの2016年夏のボーナスの支給額は平均で35万7291円となった。日本経済新聞が4月29日付(電子版)で報じた。夏のボーナスの増加は2年ぶりだが、前年比0.1%の小幅なプラスにとどまる見通し。

   シンクタンク5社は、厚生労働省が毎月勤労統計調査でまとめる従業員数5人以上の事業所のボーナス支給額などを予測。5社のうち、3社はボーナスが「増加する」としたが、2社は「減少する」と答え、見方が割れた。

   企業がパートなど非正規社員の採用を増やしていることも、ボーナスの伸びが低調な背景にあるとみられる。

どうなる夏ボーナス
どうなる夏ボーナス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中