2020年 9月 25日 (金)

サミット厳戒で「ゴミ」「仕事」あおり食う 無事閉幕でホッ

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   主要7か国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)が2016年5月27日、閉幕した。同日、オバマ大統領が現職の米大統領として初めて広島市を訪れ、原爆資料館を訪問、平和記念公園で献花しスピーチを行ったことも大きな話題となった。

駅構内ではポイ捨ても

警備は重要だけど...(写真はイメージ)
警備は重要だけど...(写真はイメージ)

   サミットが始まる前から、全国各地で警備の影響が報告されていた。特に駅での厳戒態勢は、多くの人が実感しただろう。

   ツイッターでは、

「いつも朝通勤中にエスカップ飲んで、乗り換え駅ホームの自販機のゴミ箱にビン捨ててたんだけど、今朝見たら特別警戒中のためとかでゴミ箱が封鎖されてた...」
「サミットの警備でロッカー封鎖されてるのかキツかった。会社までスーツケースをゴロンゴロン連れて行ったよ...」

と、ゴミ箱やロッカーが使用できなくなったことに戸惑いの声が。

   当然、行き場を失ったゴミがすべてマナーよく持ち帰られたわけでもなく、

「JR駅の自動販売機についてるゴミ箱前、案の定ゴミだらけとなる」
「ホームにビニル袋を持った駅員がウロウロ。何をしているのかと思ったら、自販機周辺に放置された空き缶とかペットボトルを回収していた」

といった事態も起きていたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中