「ヒト・モノ・カネ」の時代に変化が 長寿経営の一番のかぎは

印刷

   前回までの3回で、成功長寿企業の経営継承の仕方についてまとめてみました。いかに、盤石な経営基盤をもっていても、継承につまずいたら、またたくまに経営は悪化してしまうことがわかりました。

   さて、今回からは、長寿企業の経営者はどのような考え方をしているのか、何を大事にしてきたのか、という経営の仕方について語ってまいります。ぜひ、お勤めの会社と比較しながら、読んでみてください。

   どの会社にも、良い点と良くない点があります。その中でも、成功長寿企業は、非長寿企業に比べて、良い点が多いことがわかっていただければと願います。

経営者は何を重要とするか

成功のかぎは、やはり技術力
成功のかぎは、やはり技術力

   長寿企業の経営者に以下の7つの質問をしました。経営危機の内容、経営危機をいかに克服したか、なぜ長期の経営ができたか、よい経営には何が必要か、よい経営の継承とは、経営権と株式について、そして経営者の驕りをいかに防いできたかです。

   それらの答えを筆者が考える経営の6要素、ヒト、モノ、カネ、技術、情報、哲学に分類したところ、以下のような割合になりました。

   ヒト:4.0

   モノ:3.8

   カネ:3.9

   技術:4.1

   情報:3.3

   哲学:3.9

   これは各経営者がいままでの経営判断の中で、何を重要と考えてきたかを分類、整理したものです。

   驚いたことに、技術をもっとも重要としていました。技術は、行った経営者アンケートの35番「後継者として先代から受け継ぐ重要なこと」の回答でも、6項目中第2位になりました。経営の重大要素は「ヒト、モノ、カネ」と言われた久しかった時代から、変化が起きているようです。

浅田厚志(あさだ・あつし)
青山学院大学総合研究所・客員研究員で、長寿企業の経営哲学などを研究中。「出版文化社」代表取締役社長でもあり、創業以来、多くの社史・記念誌の企画制作や、出版企画プロデュースなどを手がけている。著書に『成功長寿起業への道』など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中