女性管理職比率、目標の10%にじわり前進 日産自動車

印刷

   日産自動車は、2016年4月時点での国内の女性管理職比率が9.1%だったと、6月27日に発表した。前年度の8.2%から0.9ポイント上昇した。管理職以上の女性は242人となり、女性従業員の約8人に1人が管理職。また、女性管理職の4人に1人が部長級以上として活躍している。

ダイバーシティに力入れ

ガラスの天井を打ち破れ
ガラスの天井を打ち破れ

   日産は、専門組織「ダイバーシティ ディベロップメント オフィス」を2004年10月に設立し、多様な人材の活躍推進を図るダイバーシティに積極的に取り組んできた。その結果、設立当初1.6%だった女性管理職比率は、10年以上に及ぶさまざまな女性従業員の育成支援活動によって5倍以上になった。

   同社は、「2017年までに女性管理職比率10%」という目標を掲げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中