5月の消費支出、1.1%減 パック旅行費15%減 家計調査

印刷

   総務省が2016年7月1日に発表した5月の家計調査によると、1世帯(2人以上の世帯)あたりの消費支出は28万1827円と、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同月と比べて1.1%下回った。減少は3か月連続。うるう年の影響で1日多かった2月に増えたのを除くと、9か月連続の減少となる。

判断は「弱い動き」のまま

たまにはプチ贅沢も
たまにはプチ贅沢も

   総務省は消費の基調判断を「弱い動きがみられる」とし、前月から据え置いた。

   品目別にみると、パック旅行費が前年同月比14.6%減と大きく減少。4月に発生した熊本地震の影響とみられる。教養娯楽全体でも0.8%減った。15年にあった補助金がなくなったことからリフォーム需要が減り、住居も4.9%減となった。

   その一方で、調理食品などの増加で、食料が1.2%増えたほか、交通・通信も4.7%増となった。

   また、併せて発表された自営業者などを除く勤労者世帯の5月の収入は42万6805円と、物価の変動を除いた実質ベースで前年同月を0.3%下回って、3か月ぶりに減少した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中