2020年 12月 5日 (土)

真夏のネクタイにおとがめは? クールビズ論争に首突っ込むと

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   いよいよ夏本番、サラリーマンにとってはクールビズの恩恵がいや増す時節――かと思えば、中には「クールビズでもネクタイを締めたい!」と訴える人もいて、どうも世の中、一筋縄ではいかない。

クールビズというルールだから

ネクタイ着けたい男もいるんです
ネクタイ着けたい男もいるんです

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「クールビズ期間中にネクタイをするのはよくない事でしょうか?」という質問が寄せられている(2016年6月23日)。

   「別にネクタイの有無なんて暑さの有無とあんまり関係ない気がします」とクールビズのコンセプトに異を唱える投稿者。ネクタイをしているほうが「視覚的にきちんとしたイメージ」があると感じており、

「周りの社員がネクタイしてない状態でネクタイをする事は規律を乱して良くないと思いますか?」

と、意見を求めている。

   回答欄には、

「ネクタイして大丈夫だと思いますよ うちの社員はネクタイ付けている人も付けていない人もたくさんいますよ」

のような「別にいいだろう」とする声がある一方、

「上司と外回りなどして、上司がクールビズなのに部下のあなたがネクタイつけてたら、取引先は『?』と思うでしょうね」
「(1)自分がネクタイすることで、上司や商談相手のクールビズがだらしなく見えてしまう(2)太っているor汗かきで、一人でネクタイしてだらだら汗かいてる という感じだとやめたほうがいいと思います」

といった、「空気を読んだほうがいい」とする意見が並ぶ。中には、

「クールビズというルールですから、ネクタイをする行為は規律を乱す行為になるようです。あくまでも、社内としてです。社内会議でネクタイを着用していて、注意されている社員がいました」

というような、まったく融通の利かない職場もあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中