2020年 9月 29日 (火)

ワーキングマザーには夢のまた夢 仏の6週間休暇に妄想ふくらむ

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   お正月休みに比べて日数にばらつきのあるお盆休み。今年から8月11日が「山の日」の祝日となるため、多少は長くなる会社もありそうだが、それでも一般には5日間程度だろうか。

   Q&Aサイト「発言小町」には、フランスから来た研修生に「日本ではバカンスは何週間ですか?」とたずねられたというトピックが立てられた(2016年6月10日)。

新人もベテランも6週間!

子どものそばにいて成長が見たいな
子どものそばにいて成長が見たいな

   投稿者が「会社の規定で夏休みは3日。有給をつなげて1週間ぐらいなら取れるかな」と答えると、フランス人研修生は「それで辛くないのですか?」と目を丸くしたという。研修生いわく、フランスでは新人もベテランも等しく6週間(!)のバカンスを取れ、ほかにも「○○休暇」と名のついた休みが用意されているのだという。

   投稿者は保育園児と小学生の子どもを持つワーキングマザー。自宅と保育園、会社、学童の行き来で毎日忙しく、「ほっと一息つけるのは会社のトイレぐらい」。「夏休みが6週間あったら、どんなだろう?丸1カ月子どものそばにいて成長がみたいな。そうしたら働く罪悪感だって、少しは軽くなるだろうな。仕事を辞めないで年に丸1カ月、子どもと過ごせるなんてウソみたい」と妄想し、「いつまで続くんだろう、働き過ぎな日本人」と、つぶやく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中