2019年 6月 25日 (火)

若き成功者たちが語る失敗体験 どん底で見つけた再起の芽とは

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   20~30代の起業熱はいまだ盛んなようで、私が定期的に開催し講師を務めさせていただいている起業セミナーも、毎度満席の大盛況が続いています。

   そんな折、株式上場やそれに近い成功を収めた若手起業家たちに失敗談を語ってもらい、そこから企業経営の勘所を学ぼうという趣旨の企業カンファレンスが開かれ、成功者の貴重な失敗体験をじかに聞くことができました。

ある日パートナーが退職し

スタッフに起業の思いは共有されているか
スタッフに起業の思いは共有されているか

   初めに登壇されたのは、アパレル輸入業30代前半のH社長。ビジネスモデルを入念に策定し事業を立ち上げ、昼夜なく働き続けてようやくある程度の軌道に乗ったところで、突如パートナー的存在の役員が退職したといいます。そして気がつけば、彼に主要取引先を根こそぎ持って行かれていたというシビレるお話。

「最初は何が起きたのか、どうしてこうなったのか全く分かりませんでした。訴訟も考えました。でもそんな余裕はない。とにかく食べるために、何かを始めなくては、と途方に暮れる日々を送る中で、ある取引先から社長の直筆メッセージ付きでお歳暮が届けられたのです。その優しさに触れ、本当にうれしくて、自分の至らなさに気づかされました。振り返ってみたら、自分の起業は社長という仕事に対する憧れと金儲けが目的でした。そこには、優しさのかけらもなかったかもしれない。それがパートナーの裏切りも生んだのだと思い当たりました。人は人の優しさを感じる時が一番うれしいのだ、ということを置き去りにしてきたのです」

   H社長は再度立ち上がり、人の役に立つ仕事を、と途上国と日本を結ぶビジネスに取り組み、優しさを忘れないスタンスを組織の内外に基軸として置き、事業を大きく拡大させさました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中