2021年 6月 24日 (木)

夢が叶う会社なら耐えてみよう それも上司に忍従するのでなく(江上剛)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

文句を言う奴のほうが可愛い

   どうするかというと、上司に文句を言うのだ。上司の仕事の指示などに対してちゃんと意見を言おう。そして上司に叱責されたら、自分の対案を出す。いわば上司と競争するのだ。

   私はいつも上司の指示に文句を言って嫌われていた。言われた通りに仕事をするのが嫌だったのだ。だから一生懸命に上司の仕事のやり方を変える方法を考えた。

   そのうち上司が私を認めるようになっていった。上司も言いなりの部下より、多少とも文句を言ってくる奴のほうが可愛いのだ。

   しかしパワハラ、セクハラ、夢なしの本物のブラック企業なら即刻、逃げろ!逃げないと命まで取られてしまう。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中