EU・英への語学留学が不人気 「激動の」好機逃すのが残念

印刷

   先日、世界各国への語学留学を取り扱っているEF Education First社の方と話しているときに、こんなやりとりがありました。

「今、イギリスは熱いですよね。ポンドも安くなっているし、絶好の留学のチャンスです」
「いや、実を言うと、イギリスというかEU全般の留学に二の足を踏む人が多いんですよ」
  • 現地の人が何を考えているのか知ることも大事
    現地の人が何を考えているのか知ることも大事

「なんとなく危なそう」

   どうやら、イギリスに留学を希望する学生は少なくないようですが、その親が反対するケースが多いそうです。反対の理由は「危ないから」。危ない理由は「なんとなく」。

「EU離脱とかよくわからないことが起こっているから、なんとなく危なそう」
「フランスでテロが頻発しているから、なんとなくイギリスも危なそう」

   そんな理由です。

   確かに、日本人でパラグアイとウルグアイの違いが分かる人はほとんどいません。南米の人たちに、日本と中国と韓国と香港と台湾が見分けられる人はいません。そんな感じで、いまや日本から見れば、イギリスもフランスとドイツとギリシャもまあ、だいたい同じようなものなんでしょう。

   危険性でいえば、アメリカでも銃乱射事件などの事件が多発していますし、日本でも凄惨な事件が起こったばかりです。どこに行ってもそれなりのリスクはあるわけで、異国の地という、自国とは違った緊張感がある場所で危機察知能力を磨くというのも、重要な学習だと思います。しかも、きちんとした日本人のバックアップがついている語学留学なんて機会は、最小限のリスクで学ぶことは多いのですが。

   なにより、この激動している渦中のイギリスに行こうという好奇心を潰してしまっているのが残念です。日本のマスコミが流しているイギリスの情報と、現地の人たちが話している内容の違いを知るだけでも、自分にとっての今後が大きく変わってくると思います。そうしたことまで全部ひっくるめて、「君子危うきに近寄らず」という考えだけで留学をさせないのであれば、非常に残念です。

   海外に行ったことのない人がネガティブな報道に過剰反応し、数字を分析したり現地の情報を調べてみたりもせず、判断停止してしまうのであれば仕方がないかもしれません。本来は、そんな内向きの大人にならないように、激動のイギリスに旅立つべきなんですが。

   学生たちには、自分でお金を稼いで、ぜひ世界への門を自力で開いてもらいたいと思います。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中