2019年 12月 10日 (火)

夏のレジャーにも格差くっきり 「家で昼寝」派に残暑がきつい

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   総務省の「家計調査報告(家計収支編)―2015年平均速報」から、年収によってレジャー費に大きな違いがある実態が明らかになった(2016年2月16日公開)。

  • 昼寝もこんな感じならいいんだけど
    昼寝もこんな感じならいいんだけど

3倍以上の開きが

   調査結果によると、総世帯における1か月の「教養娯楽費」の平均額は2万4980円。年間収入別に見ると「年収244万円までの世帯」で1万2753円、「同244万~359万円」で1万9367円、「同359万~500万円」で2万3327円、「同500万~731万円」で2万8042円、「同731万円以上」で4万1410円と、収入により3倍以上の「格差」があることが分かった。

   ホテルの「宿泊費」や海外旅行などの「パック旅行費」が含まれる「教養娯楽サービス費」も、総世帯の1か月平均額は1万4841円。年間収入別に見ると「年収244万円までの世帯」で6599円、「同244万~359万円」で1万1260円、「同359万~500万円」で1万3853円、「同500万~731万円」で1万6890円、「同731万円以上」で2万5605円と、これまた大きな開きがあった。単純に考えて、ビジネスホテル1泊分とリゾートホテル1泊分ぐらいの差が生まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中