2021年 5月 16日 (日)

地味社長の変身阻む「裏の目標」 その「見える化」で明るく?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

なぜ人は変われないのか

   ハーバード大学ロバート・キーガン教授らの著書『なぜ人と組織は変われないのか』に、こんな指摘があります。

「食生活を改めたり、運動したり、喫煙をやめたりしなければ死に至る、と医者から警告を受けても、実際にそのように自分を変えることのできる人は7人に1人にすぎない。残りの6人も、決して長生きしたくないわけではないし、自己変革の重要性を理解していないわけでもない。何を変えればいいかの道筋も明確に示されている。それでも変えられない。自分の命に係わるようなことでさえ自己変革を成し遂げられないのだから、リーダーが自己変革に挑むのは大変に難しい」

   キーガン教授はその理由を、

「人は常になんらかの『裏の目標』に突き動かされているから」

としています。さらに「その『裏の目標』はあなたの意識の産物である」とも。

   「裏の目標」とは、人が生まれながらに持っている、あるいは何かのトラウマに起因する、ある種の潜在意識と言えるものかもしれません。S社長には、自分を変えることで会社のイメージも変えたいという「表の目標」がある一方、飾り気のない自然体の自分に見られたいという「裏の目標」もあり、結果として今の服装選択に至っているといえます。

   結論としてキーガン教授は、

「『裏の目標』に対処する能力を磨かなければ自己変革もその先にある組織変革も成し遂げられない」

と主張しています。そのためには「裏の目標」の見える化が不可欠であり、自分が「裏の目標」を見ようとしない、あるいは見せようとしないなら、問題は決して解決しない、というのです。タバコをやめた7人に1人は見える化ができた人なのです。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中