2021年 5月 16日 (日)

地味社長の変身阻む「裏の目標」 その「見える化」で明るく?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

高齢社長にも「裏」がある

   たとえば、高齢になった創業社長が「後継さえ育ってくれれば、いつでも実権は譲る」と言いながら、簡単には後継に実権を譲らないというのはよくある話。これもまた「早く譲って楽をしたい」という「表の目標」がありながら、「自分の力で物事を実現したい」「常に状況をコントロールしていたい」「今の状況を手放して不安を感じたくない」などの「裏の目標」が邪魔をして、その実現を妨げていると見ることができます。

   このケースでは、誰かが「裏の目標」の存在を社長にしっかりと認識させ、自らの言葉で「表の目標」と「裏の目標」の両方を口にさせることから始めなくてはいけないのかもしれません。それができるのは、おそらく後継候補など限られた人でしょうが、実権を譲らない高齢トップをいただく組織にとって、これは大きなヒントになりそうです。

   S社長はすでに「裏の目標」を自ら口にして見える化しているので、写真撮影のオファーを投げかけ続けていけば、あとは時間が解決するのではないでしょうか。根気よく、写真撮影のお誘いをしてみたいと思います。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中