2021年 2月 27日 (土)

日本の男女格差、世界111位 「発展途上国」にまるで届かず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

はるか上を行くアフリカ勢

   WEFの報告書は毎年発表されており、日本は2015年101位(145か国)、14年104位(142か国)、13年105位(136か国)、12年101位(135か国)、11年98位(135か国)。毎年、同じように失望の声が渦巻き、なお一向に上向く気配がない。

   今年の結果について、上位20位までにアフリカのサブサハラ(サハラ砂漠以南)4か国がランクインしていることに注目しているのが、途上国や国際協力・開発をテーマとするNPOメディア「ganas」だ。すなわち、5位のルワンダ、12位のブルンジ、14位のナミビア、15位の南アフリカ。

   前述の男女格差を測る4分野のうち、「経済活動への参加と機会」では、格差が最も小さかったのがブルンジ(男女完全平等を1.0としたときのスコアが0.86)だった。ルワンダもトップ10にランクイン。ルワンダとブルンジは、女性の就労率が男性と完全に平等(スコア1.0)だった5か国のうちの2国。

   「政治への参加」では、総合上位のアイスランド、フィンランド、ノルウェーが同様にトップ3に並ぶなか、ルワンダが8位に。同国は、女性国会議員が全体の64%を占め、国会議員の男女比で完全平等と評価された2国のうちの1国。日本は、国会議員の女性比率が9%で122位だった。

   こうしてみると、「この国は女性にとって発展途上国だ」というコピーはかの国々に対し失礼ではなかったか、とさえ思えてくる。(KM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中