2019年 5月 27日 (月)

「一理ある」「速いけど低い」 高年収の人ほど早歩き、本当か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   誰もが忙しく、つい急ぎ足になる師走の時期。歩くスピードについては、最近のアンケート調査で「高年収の人ほど速く歩いている」という結果が出て、ネットで話題になっている。

  • さてこの人は高年収か
    さてこの人は高年収か

1000万円以上とは顕著な差

   調査したのは「ドコモ・ヘルスケア」。同社製品のウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」の利用者にアンケートを実施したところ、回答者の年収と平均移動速度については正の相関にあることが分かった(調査期間:2016年3月~10月。回答者:1229人=男性735人、女性494人。年齢:19歳~77歳。16年11月21日公開)。ムーヴバンド3は、腕に着けて歩数・睡眠・消費カロリー・移動距離などを計測する健康サポートアイテム。

   調査結果によると、日本の平均年収415万円(平成26年国税庁調査)を含む「年収400万円以上500万円未満」の人たちの平均歩行速度は、時速2.69キロ。これに対して「年収1000万円以上」の人たちは時速3.13キロ。すなわち日常生活での歩行速度に0.44キロの差があり、年収1000万円以上の人は、平均年収の人の約1.2倍の速度で歩いていることになる。

   また、ボーナスと平均歩行速度について相関を調べたところ、同じように金額が多いほど歩行速度が速かった。ボーナス10万円未満の人が時速2.51キロであるのに対し、ボーナス150万円以上の人は3.14キロと約1.3倍の速度で歩いていた。

   俗に「足で稼ぐ」などというが、その速さも重要ということなのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中