2021年 3月 1日 (月)

SMAP解散、実はよくある話 事を「辣腕」の扱いと見れば

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「任せすぎ」がいけなかったのか

   なぜこんなことがあちこちで起きるのでしょうか。F社長がそのヒントになる話をしてくれました。

「右腕に仕事も判断も任せすぎると、どこかで自分はもう人に管理されたくない、社長は邪魔だと思わせてしまうのだと思います。管理を緩めることの弊害かもしれません。右腕にはあくまで参謀としての二人三脚の意識をもたせるべきなのでしょう。もちろんイコールパートナーとして、将来の独立支援も考えつつです。Hくんについても、任せすぎたことが性急な独立心を煽ったのかなと。彼にとってもこれで本当によかったのか、疑問なのです」

   F社長の沈痛な面持ちから、幹部社員、功労者社員の扱いの難しさがひしひしと伝わってきました。

   SMAPの解散報道では、人気絶大のアイドルグループであるだけにメンバーの不協和音ばかりがクローズアップされますが、背景の事情を推量すればその核心は、オーナー企業にありがちな、図抜けた力量をもつ社員の扱いのミスに過ぎないように思えます。

   今回の解散騒動を一番残念に思っているのは、果たして誰なのか。SMAPのメンバー? 独立を画策したマネージャー氏? いやいや応援する多くのファンの人たち?

   T社、M社の社長たちの悲痛な表情を思い出すにつけ、それは、ほかならぬジャニーズ事務所の経営者ではないか、と私は思っています。自らの過ちで大切な参謀社員を辞任に追い込み、かつ育て上げた国民的アイドルグループを失うことになったのですから。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中