2020年 11月 28日 (土)

「頑張れば賃金上がる」とは! 連合会長発言に異論反論相次ぐ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   給料が安すぎる、ボーナスが雀の涙だった......などなど、多くのビジネスパーソンが賃金への不満を抱えているに違いない。自分の働きぶりからすればもっともらえるはず、納得できる対価が欲しい、と願い出たい人も多いのでは。

   そうした「働きに見合う賃金をもらっていない」という鬱憤がたまっているせいもあってか、日本労働組合総連合会(連合)の神津里季生会長が「頑張れば賃金が上がるという常識を取り戻す」と発言したところ、ネット上では一斉に反発の声が上がった。

「常識を取り戻すのが大事」

「頑張れば上がる」が常識ですか
「頑張れば上がる」が常識ですか

   神津会長の発言は、2017年の春闘において4年連続でベースアップに相当する賃上げを要求する方針を掲げていることについて、NHKのインタビューに対して述べたもの。

「20年近くデフレの深い闇の中で沈んだままだった。多分『物価が上がっていないので賃上げできないが理解してくれ』ということが繰り返されていた。しっかりとベースアップできるところは4年目も継続させる。一生懸命頑張ったことに報いる形で賃金が上がる常識を取り戻すのが極めて大事」

   さらに「賃上げ率はむしろ中小の方が上という結果を導き出したい」など、中小企業や非正規雇用で働く人の賃金底上げや格差是正に力を入れるとも話した(17年1月2日報道)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中