しまったぁ! あのコツコツ音 ヒール底の劣化見落とし嘆息

印刷

   「ピンポ~ン!」

   はい! 今回も鳴りました。何が? 空港の保安検査場のゲートです。そのたびに何事だろう、と焦ります。

  • 「カンカン」音は聞こえていないか
    「カンカン」音は聞こえていないか

女性は知っているヒールの芯

   決してやましい物を持っているわけではないのですが、あまりにもよく鳴るので、通過する前に一通りチェックをします。ピンポ~ン! で一番多いのは靴です。ヒールの金具が反応しているようです。

   女性の皆様はご存じだと思いますが、ヒールの芯には金属が使われており、靴底のゴム(トップリフト)が劣化すると金具の一部が露出します。そうなると歩くたびに「カンカン」という金属音を響かせるので、自分でも「あ~、ヒール底が劣化しているな」とわかります。

   さて、過日写真撮影の予定がある日のこと。衣装とのバランスを考え、お気に入りの靴を選びました。「これでバッチリ!」と自宅を出て、しばらくして気づきました。カンカンという音。まさか!

   慌ててヒール底を見ると左右とも一部金具が見えているではありませんか。こんな時に限って自宅に戻る時間もなく、目的地や乗換駅近辺にも靴の修理屋さんがありません。諦めてそのまま仕事場へ向かいましたが、歩くたびにあの独特の金属音が気になって、「あー、なんで履く前にヒール底見なかったんだろう」「この音、絶対に金具が見えているってわかるよね」などなど、頭の中は「カンカン」音と後悔がグルグルしているのです。

   せっかく気持ちよく自宅を出たのに、異音に気がついてからは、心はどんより曇り色です。たかがヒール底のことなのに、と我ながら思いますが、ダメ女認定されたような敗北感。

1点のマイナス要素がテンション下げる

   改めて思いました。身だしなみにおいて1か所でも気になること(マイナス要素)を見つけた瞬間、人というのはこんなにもテンションが下がり、本来集中しなくてはいけない場面でも心が落ち着かなくなるのだと。

   男女を問わず、靴の表面はチェックしても、かかとの傷やすり減りを丁寧にチェックする方は少ないのではないでしょうか。実際、外出すればエスカレーターで前に立つ人の靴は視野に入りますし、道路をカンカンと音を鳴らして歩いている人がいれば耳障りに思うこともあります。やはり一歩外に出たら誰彼に見られることを意識して、出かける際、靴も隅々までチェックしたほうがよさそうです。

   後日靴修理へ行った私は、綺麗になったトップリフトで歩きやすくもなり、修理代1500円ほどで新品を手に入れたようなウキウキした気持ちで仕事場へ向かいました。長年使用し足に馴染んだ靴に「今日も頑張れ」と応援してもらっているようで、べそをかいたあの日よりも明るく堂々と歩いていたと思います。

   「そういえば最近、靴の手入れをしていないな」と思う方は、靴の状態を確認してみてはいかがでしょうか。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中