2020年 8月 10日 (月)

「社長、人のこと言えます?」 トランプ氏批判、我が身を貫く

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

当事者になると欠如する「共感力」

   「共感力」という言葉があります。一般的には相手の立場に立って理解し、感じ、考えることができる能力のことです。この「共感力」、第三者として事象を見る時には、立場の弱い側に身を置いて、強い側の行いを批判的にチェックするという形で発揮されるのですが、当時者として事象に向き合う時に、弱い立場に立って共感的にモノが見られるかというと、これが案外難しいのだそうです

   要するにR社長は、やりたい放題のトランプ大統領のやり方を第三者的立場から批判的に見られはするものの、当事者たるオーナー社長の立場となると話が違ってくる。社員の立場に立って考えたり、社員と相談して彼らの考えを踏まえたりする姿勢を、どうしても欠いてしまうということのようです。

   企業経営者のコミュニケーション能力を高める手伝いをされている椎名規夫氏は、著書『人を動かす力』の中で「共感力」を発揮することの行き着く先を、

「相手から『この人だったらわかってくれる』『この人だったら信頼できる』と感じてもらうこと」

と表現しています。つまり、相手の立場に立って共感できるか否かは、リーダーとしてメンバーたちから信頼を得たり、組織において求心力を保ったりする上できわめて重要ということなのです。

   トランプ大統領の就任早々の支持率が史上最低レベルにあるというのは、まさしく彼の「共感力」の乏しさが国民の信頼を損なっている証拠といえるでしょう。同様にR社長がその欠如に気づかないまま進んでいくとしたら、社員の支持を失い信頼感を損ねて、求心力を弱めてしまう危険性は小さくないと見ることもできそうです。

   「人のフリ見て我がフリ直せ」とは昔からの格言ですが、「人のフリを見ること」がストレートに「我がフリに気づくこと」に結びつかないのが「共感力」欠如の特徴なのかもしれません。

   トランプ大統領の振る舞いを見て批判的な意見をお持ちの経営者の皆さん。その意見の当否とは別に、自らのうちにトランプ的な姿勢・言動がありはしないか、思い当たる節はないか、今一度考えてみられることをお勧めします。「私とトランプ大統領って、どこか似ていませんか」と周囲の人に聞いてみるのも一考です。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中