2020年 7月 13日 (月)

李下に冠、会社で甘酒ってか? 「飲む点滴」に良識派の白い目

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   寒い季節に飲みたくなる、あたたか~い甘酒。最近では、美容効果や栄養の豊富さから「飲む点滴」とも呼ばれ、女性を中心にブームを巻き起こしている。

   とはいえ、「甘」ではあるが「酒」。ノンアルコールの商品もありつつ、「名前に酒が付いている時点でありえない!」と杓子定規の考えもあるようで......。はて、職場で飲むのはアリか、ナシか?

  • ノンアルコールのものも多いけど
    ノンアルコールのものも多いけど
  • ノンアルコールのものも多いけど

「酒」である以上引いてしまう

   「掲示板ミクル」に、「会社にポットに甘酒を入れて持ってくるパートのおばさんがいます」と報告が寄せられている(2017年2月5日)。

   昼休憩の際、他のパートの女性たちと一緒に飲んでいるそうだが、投稿者は「会社に酒が付く物を持って来て自分は引いています」。

   そのおばさんはお酒好きらしいが、持参している甘酒はノンアルコール。「冬は温まる」などと言いながらいろんな人に勧める時もあるという。

   そんなパート女性を冷ややかな目で見ているらしい投稿者、「会社に、甘酒を持ってくるのはありですか、なしですか?」と、世間にジャッジを求めた。

   まず「アリ」派。市販の甘酒はたいてい清涼飲料水の分類であること、パート女性が持参しているのもノンアルコールだという点で「問題ないだろう」との判断がいくつも書き込まれている。

「職場に甘酒持ってくる人いますよ カップに入ったノンアルコールのやつです。私はノンアルコールだから良いんじゃないかな?と思います」
   「うちの会社には甘酒ジンジャーオレとかいうのを飲んでる人いますよ。ノンアルコールで昼飯食ったあとにパン屋でテイクアウトしてるらしい。あと社内の自販機に普通にお汁粉と甘酒入ってるよ」

など、実際に職場でも甘酒を目にするという体験談も。

「昔から甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価が高くてそのおばさんは親切な人だと思います。私は休憩時間にもらえたら素直に嬉しい」

と、自分に勧められたらありがたく頂戴する、という人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中