毎日在宅勤務可も喜び中ぐらい 子育てママには不利な面もあり

印刷

   来年度の保育園入園の選考結果が届く時期となり、ネット上には「♯保育園落ちた2017」という投稿が相次いでいる。出産後、復職を考える女性にとっては悩みが果てないが、復職へのひとつの追い風である「在宅勤務」を認めている会社は、まだまだ少ない。

  • 家でもさぼらず仕事をします
    家でもさぼらず仕事をします

「トップがビジョン持っている!」

   そんななか、「毎日でも在宅勤務OK」というニュースが報じられた。2017年2月4日付朝日新聞の記事によると、カルビーは4月以降、自宅など社外で勤務する「テレワーク」の上限日数(現在週2日)を撤廃するという。制度として毎日でもテレワークができるようにし、多様な働き方を認め、優秀な人材を確保するねらいがある。契約社員を含めた入社3年目以上の社員を対象とし、パートや工場勤務の人は除外となる見通し。

   このニュースに対し、ツイッターでは

「羨ましい!」
   「カルビーの在宅勤務いいな?」
   「女系活用系でカルビーの記事を読んだ事あるけど、トップがきっちりビジョンを持っていてかっこいい」
   「羨ましいといったら良くないけど、カルビーの新制度、ママになってもバリバリ働けそう。イメージと現実。在宅勤務はちょびっと羨ましい」
   「心からそう思うので、ポテトチップスはカルビーを全力で買う!^^ 」

と歓迎する声が相次いだ。

   ジャーナリストの治部れんげ氏は、「ダイバーシティーが嫌いな会社に未来はない」と題した松本晃カルビー代表取締役会長兼CEOの講演の一節、「男性管理職が『在宅ワークなんて進めたら、絶対にさぼる奴が出てきます』と言ってきたのです。それで僕は言いました。『きみは会社に来てさぼっている』と」を紹介し、

「しびれます。ホントにその通り」

と賞賛の声を寄せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中