日本は一国で自活できないから 外国と仲よく協調するしかない(ライフネット生命・出口治明)

印刷

   日本が内に閉じこもったままでいられないのは、石油などがなく一国だけでは食べていくことができないからです。海外と仲よくして、多くの国と交易しなければ生き延びられません。

  • 一国では生きていけない
    一国では生きていけない

協調路線をとるしかない

   アメリカは3億以上の人口を抱え食糧、エネルギー資源も豊富、極論すれば一国でご飯を食べていける国です。中国やロシアもしかりです。ドナルド・トランプ氏が「アメリカ・ファースト」を訴えたり、習近平総書記が中国の国益優先の姿勢をとることができるのも、一国で自活できる大国だからです。アメリカや中国は、一国主義もとれるし、国際協調路線もとれます。しかし、日本は世界の人々と仲よくやっていく協調路線しかとり得ません。

   日本でも、排外主義的な言説が声高に叫ばれたり、「やはり日本が一番」といった素朴な国内回帰論が語られたり、内向きの動きが目につきますが、それはおそらく、日本は一国だけでもやっていけると錯覚しているからでしょう。しかし、日本には石油など化石燃料がほとんどありません。日本はこれまで自由貿易というルールの中で国を栄えさせてきましたし、今後も世界の国々に物を売ってもらったり買ってもらったりしながら生きていくしか道がありません。そのためには、人と人との行き来が必要です。多くの友だちを世界中につくらなければなりません。

   かつてわが国の製造業は安い人件費などを求めてアジア諸国に工場をつくりました。日本の工場を分解して現地で組み立てなおすような形で立ち上げ、日本人を送り込んで労働者に仕事の仕方を教え、日本と同じやり方で生産するのですから、その国の文化を学んだり人情を理解して人と触れ合ったりする必要はそれほどありませんでした。ストライキなどが発生しないように現地の優秀な人間を高給で雇い入れ、労務管理を任せれば、あとは日本と同じです。それが「工場モデル」のグローバリゼーション。真の意味での国際化とはいえませんでした。

   中国人が海外に出るようになったのは比較的新しく、清の時代のことでしたが、彼らは移り住んだ土地に何代にもわたって土着することで国際人になっていきました。さらに、それぞれを結ぶ華僑のネットワークを築きました。

   日本人もグローバリゼーションの中で頑張っていこうとするなら、多少無理をしてでも若者を海外に送り出し、それぞれの国の習慣を学び、現地の人と交流を深めるようにし向けなければなりません。そうやって国際化を牽引する人材をつくる必要があります。わが国は、「ジャパン・ファースト」の姿勢などとり得ないことは責任ある大人がしっかり教えるべきでしょう。

考える力は母語が基礎になる

   世界の人々とコミュニケーションをとるには英語を学ぶしかありません。英語が事実上のスタンダードになっている事実は今さら変えようがありませんから。

   20年前、僕がロンドンに駐在していたとき、北欧の人はみんな英語がぺらぺらでした。それに比べて南欧のイタリアやスペインなどの人はそうでもなかった。それは北欧の人が勤勉で賢く、南欧の人が怠け者だからというのではなく、経済に占める交易の比率が北欧は4割と高く、対する南欧はそれほど高くないという事情があったからです。そういう意味でも、交易立国の日本人は英語を学ばなければならないのです。

   ただし、英語さえできればいいと考えるのは愚の骨頂です。なぜなら物事を考える力は、やはり母語が基礎になるからです。文化は母語。まずはしっかりした日本語を身につけることが最優先です。考える力が備わっていなければ、いくら英語ができても、国際人として諸外国の人々と対等にわたり合うことはできないでしょう。(出口治明)

出口治明
出口 治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社代表取締役会長。1948年三重県生まれ。京都大学卒業後、1972年に日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。 2008年、ライフネット生命保険株式会社を開業。著書に『生命保険とのつき合い方』(岩波新書)、『働く君に伝えたい「お金」の教養--人生を変える5つの特別講義』など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中