2019年 12月 16日 (月)

その髪型、ほんとにイケてる? 忘れられない「モテキ」の自分

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

髪は正直

   さらに、髪で気になるのがハリと艶。年齢を重ねると、自然と髪も細くなりパサつきがちになります。ファッションで若々しく見せることはできても、髪は正直で年齢が現れやすい。

   先日、ヘアモデルというシャンプーやコンディショナーの広告などでよく見る、「美しい髪」のモデルさんと会いました。惚れ惚れするほどの美しさでした。思わず触りたくなりましたが、ダメダメ! 彼女にとって「髪は商品」ですから。

   それにしても、このハリと艶を維持するためにどれだけの手間をかけるのだろう? と思ったのです。さすがにここまでの美しさは無理でも、私ももう少し手間をかけないといけないと反省しました。

   ヘアスタイルもメイクも、過去の思い込みから脱却して、時代や年齢に合わせていく必要があります。職場で「イタい人」と思われないよう、年齢と時代に合わせたと服装、髪型、メイクのバランスをとっていきましょう。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中