その12 映画館の予告編とCM 【こんなものいらない!?】

印刷

   ぜひ見たい、評判の映画があった。映画館の座席でワクワクしながら、上映開始を待っていた。

   だが、まずスクリーンに現れたのは期待の映画ではなく、他の映画の予告編だ。それが1本、2本、3本...... と続いていく。

  • 東京・池袋の「新文芸座」は、予告編と本編の開始時刻を明示している。
    東京・池袋の「新文芸座」は、予告編と本編の開始時刻を明示している。

早く本編を始めてくれないか!

   予告編だけなら、まだいい。CMが登場する。化粧品だの、婚約指輪だの、車検だの...... 僕が昔いた新聞社のCMもあったりする。さらには、映画の盗撮は犯罪である、見つけたら連絡してほしい。上映中に大きな声でしゃべるな、自分の前の座席を蹴飛ばすな。そんな鑑賞時の「ご注意」まで出てくる。

   それらの本数や長さは映画館や上映する映画によって違ってくるし、時にはいきなり本編ということもある。だけど、一般的には全部合わせると、5分、10分、15分...... 早く本編を始めてくれないか。

   僕は暇人だけど、何も予告編やCMを見るために、あるいはお説教を聴くために映画館に来たわけではない。薄暗いところで座席に縛り付けられ、嫌なら目をつぶり、耳をふさいでいるしかない。

   映画館の考えていることは、聞かなくてもだいたい分かる。できる限り多くの予告編を見せて、客を増やしたい。CMで映画館の収入を増やしたい。お行儀の悪い客も少なくない。一応は注意しておきたい。そんなところだろう。

   また、昔の映画館は入り口に「何時何分から予告編」「何分から本編」とはっきり書いてあったはずだ。本編だけを見たい人は、その時刻に席に着けばよかった。

今の映画館はやり方がずるい

   ところが、最近は「何時何分から」とだけしか書いていない。その時刻に着席すれば、予告編やCMも見なきゃならない。いつ本編が始まるのか、客には分からない。前もって映画館に電話するか、窓口で尋ねるかすれば、教えてはくれるが面倒くさい。今の映画館はやり方がずるいのである。

   僕はCMやお説教は嫌だけど、何も予告編まで完全否定しているわけではない。1本か2本なら、見てもいい。少し遅れて入ってくる客がいたりして、客席がまだざわついている間は、予告編を流すのがいいという説もある。

   東京・池袋に「新文芸座」という映画館があって、もっぱら古い映画をやっている。有名な映画監督や俳優が亡くなったりしたら、その監督や俳優の特集を組んでくれる。

   この新文芸座の入り口の上映時間表には「予告 何時何分から」「本編 何時何分から」とあり、予告編の時間をはっきりと書いている。しかも、予告編の時間は5分間と短いし、2本立ての1本目と2本目の間には予告編がない。本当に映画が好きな人のやり方である。

   ほかの映画館にもこの程度の「節度」を持ってほしいのである。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中