2020年 11月 26日 (木)

新入社員の君へ 社長のメッセージ、どう響いた?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2017年度が始まった。入社式では新入社員が緊張した面持ちのなか、社長のメッセージに、熱心に耳を傾けた。

   社長からはどんな「お言葉」があったのか――。

  • 社長の言葉、新社会人にはどう響いたのか……
    社長の言葉、新社会人にはどう響いたのか……
  • 社長の言葉、新社会人にはどう響いたのか……

ベストセラーの主人公の言葉

   ANAホールディングスは、グループ36社で2799人が入社した。新入社員と同様に、2017年4月1日付で就任したばかりの片野坂真哉社長(61)は、

「『誰もが最初は素人だ』という言葉があります。これはベストセラー『海賊と呼ばれた男』の主人公、国岡鐡造の言葉。皆さんには、個性がある。今日、この入社式に臨んだ初心を忘れずに、ANAグループの一員であることの誇りと責任を大切に、まず小さな一歩から確実に歩み始めてください」

と、2016年に映画にもなった小説の言葉で激励した。

   大手商社の一角、伊藤忠商事には149人が入社。岡藤正広社長(68)が、「器用貧乏」をテーマに語った。

「言葉の意味は、『なまじ器用なために、あちこちに手を出し、どれも中途半端となって大成しないこと』とあります。『器用な人』というのは、適当なところで努力をやめてしまったりするのであります。一方、不器用な人というのは、『自分は不器用だ』という自覚があるため、できなくても落ち込みません。結果的に器用な人と比べ、諦めない力と継続力で上回り、最終的には不器用な人が大成します」

と話した。

   「『不器用』は立派な才能であり、武器となり得る」とし、「皆さんもまずは配属された部署で与えられた仕事にひたすら打ち込み、その道のプロフェッショナルを目指してください」と、エールを送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中