2018年 9月 22日 (土)

首都圏「スリーエフ」看板消滅へ...  「ヨコハマ生まれ」落胆の声広がる

印刷

   首都圏で「青い看板」が目印のコンビニエンスストア「スリーエフ」(横浜市)の看板が、もう見られなくなる。

   スリーエフとローソンは、事業統合契約を2017年4月12日に締結。神奈川県を中心に1都3県で348店舗を運営している「スリーエフ」は、2017年夏から順次、281店舗を「ローソン・スリーエフ」に転換することになった。

  • 「青い看板」のスリーエフは首都圏から消える
    「青い看板」のスリーエフは首都圏から消える

ローソンと共同で売り上げ増加目指す

   「ヨコハマ生まれ」のスリーエフは、横浜市民にはお馴染みの「青い看板」が特徴。すでに、2016年9月には千葉県と埼玉県の90店舗(2017年3月24日時点)で「ローソン・スリーエフ」に転換。これらの売り上げが10%増えたことから、ローソンと共同展開する店舗を拡大し、売り上げの増加を目指すことになった。

   348店舗から281店舗を順次転換。残りの65店舗は閉店するとしていて、18年1月をめどに首都圏から「スリーエフ」ブランドの店舗が消えることになる。

   今回、事実上ローソンに吸収されることになったスリーエフ以外にも、今後なくなるコンビニはある。群馬県や栃木県、埼玉県などの北関東を中心に499店舗(2017年3月末時点)展開している「セーブオン」(前橋市)も、その一つ。

   ローソンとセーブオンは2017年2月1日、「セーブオン」ブランドのコンビニを「ローソン」に転換すると発表。このうち長野県内の店舗を除く501店舗を対象に、今夏から転換を進め、18年末までに終える計画。ほぼ全店がローソンに切り替わる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中