国家公務員の退職給付、民間より78万円多い 人事院調査

印刷

   2015年度に退職した国家公務員の退職給付(退職手当と公的年金上乗せ分の合計)は、民間企業の従業員よりも約78万円多いと、17年4月19日に人事院が発表した調査結果で分かった。国家公務員では約2537万円と、民間を78万1000円上回っている。

   民間への調査は、企業規模50人以上の民間企業7355社に対し行い、4493社から回答を得た。人事院は、結果について「官民均衡の観点から、見直しを行うことが適切」としている。

  • 国家公務員の退職給付は民間よりも78万円多い
    国家公務員の退職給付は民間よりも78万円多い
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中