2021年 9月 29日 (水)

FX初心者が陥りがちな「逆バリ」リスクをヘッジ マネックスの「オートレール」が好調

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

あらかじめ損失リスクがわかる

「オートレール」注文は、プロのディーラーも利用する「トレール注文」(価格の上昇や下落といった為替相場の動きを追跡して、決済注文の価格設定を自動で修正する機能)を、自動的に連続して発注できるほか、最初の注文を発注するのと同時に、トレール機能をもった決済注文が自動で設定されるので、リスクをコントロールしながら利益を狙うことができるのが特徴。つまり、やみ雲にポジション(建て玉)量を膨らませることないうえ、取引前に損失リスクが把握できるというわけだ。

自動取引なので注文が約定すれば、あとはシステムが取引してくれるので、為替相場の動向を気にしたり、パソコンの画面を見張っている必要もない。

取引では、1日に1~3回程度の損切りが出るケースもあるが、それでもトータルで利益が確保しやすいという特徴があり、FX取引の理想とされる「損少利大」が実現できる機能のようだ。取引手数料(FX PLUS)は、1万通貨未満の取引は1000 通貨あたり30 円。1万通貨以上の取引は無料。初期設定がカンタンなため、FX初心者でもすぐに利用できる。

マネックス証券は、「オートレールは、初心者でも、日常忙しい方でも、為替レートの推移にあわせたFXのリスク管理に手間暇をかけず、利大損小を狙いながら長続きするFX取引を行えるように開発したもの。オートレールで、FX取引を生活の一部として長く続けてほしいですね」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中