尊敬されないお父さん... なにが、どこがダメ?(江上剛)

印刷
「女房子供から尊敬されません。飲んで帰ったり、休日ゴロゴロしているのがいけないのかもしれません。でも、ちゃんと仕事をしているとい自負はあります。『父さんだって頑張っているんだ』と訴えていいものでしょうか」

   訴えなくても分かっていると思いますよ、お父さん!

  • 休日にゴロゴロはダメなの?
    休日にゴロゴロはダメなの?

息子との「絆」感じた一言

   私は一度だけ、高校生だった息子から「親父、頑張れよ」と言われたことがある。

   第一勧銀総会屋事件の最中、私は昼夜、その解決に奔走していた。そんな最中、M相談役が自殺され、私は病院に駆けつけた。その時、携帯電話の充電器を忘れたため、息子に持って来てくれるように頼んだ。

   息子は、自宅から自転車を飛ばし、それを持って来てくれた。帰り際、「親父、頑張れよ」と一言。そう言ってくれたんだ。

   不愛想だったが、その言葉は、今も忘れられない。

   その息子も今では結婚し、孫もできたけど、私は、息子との絆はあの「親父、頑張れよ」という一つの言葉だと思っているんだ。

   日々、「お父さん、ありがとう」って言うような家庭はヘンだよ。そんな家庭、あるのかな。私だって一度だけだし、妻からは言われたことはない。誕生日のプレゼントはくれるけどね......

   言葉にしないでも、あなたには奥さんもお子さんも感謝されていると思う。

   でも、休日にゴロゴロばかりしないで、たまに「明日は、休みだけど、どこかに行こうか」と明るく提案してみたらどうだろう。奥さんやお子さんが、「はっ」と驚くかもしれないよ。

「のに地獄に堕ちるなよ」

   でも、急に「明日」というと、「友達と予定がある」とお子さんに言われ、「私だってテニス仲間とランチよ」と奥さんに拒否され、「お前ら!俺をなんだと思ってんだ。せっかく俺が遊びに行こうと思ってんのに!」と、ブチ切れるのがオチだろうね。

   その危険性を回避するには、事前に奥さんやお子さんに相談することかな。

   楽しい家族旅行や、家族での食事の後、きっと「お父さん、ありがとう」と一言、言ってくれるでしょう。きっとね。

   でも、あまり期待しないほうがいいね。

   こんな言葉をあなたに進ぜましょう。私の母親がよく言っていたのだけどね。「『のに地獄』にだけは堕ちるなよ」ということ。

   「のに地獄」とは、「〇〇なのに」「〇〇してあげたのに」という「のに」。人間って何かにつけて相手に「〇〇なのに」と思いがち。「こんなに愛しているのに」「こんなに尽くしているのに」など......

   あなたの場合なら「こんなにお前たちのために頑張っているのに」ということになる。それなのに、「感謝」が足りないと腹が立つわけだ。

   相手に尽くしたり、喜んでもらったりするのは当たり前の行為なのだから、「のに」って思わないこと。返してもらおうなんて思わないこと。この「のに地獄」に堕ちないだけで、どれだけ精神的に楽になるか、計り知れない。

   これは家族関係だけではなく、人間関係全般に言えることだけどね。

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
クロカネの道 鉄道の父・井上勝
クロカネの道 鉄道の父・井上勝江上 剛

PHP研究所 2017-03-16
売り上げランキング : 111895


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中