2021年 3月 9日 (火)

ベテラン経営者よ、亡き友が遺した教訓を聞いてくれ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

自分の過去の「幻影」を振り払えずにいる

   Kさんは元来スポーツマンで、体格にも恵まれていました。若い頃からスポーツで鳴らしてきた人は、自分の次の運動的アクションを想像した時に、自身のピーク時の力でのアクションを思い描いてしまうのだと、聞いたことがあります。

   一度栄冠をつかんだ一流アスリートが、下降線になってもなかなか引退できないことが多いのは、自分の過去の幻影が振り払えずに「自分はやれるはず」という気持ちが邪魔をするからなのだと言うのです。

   彼も60メートル手前に猛スピードで迫ってきた電車を見た時に、「自分はできるはず」と自らのピーク時の瞬発力や腕力を想像して、とっさに飛び出したのだと思うのです。

   しかし、悲しいかな、彼はすでに52歳。いくら過去に運動で鳴らしたとは言え体力的な衰えは如何ともし難く、思ったような瞬発力と腕力を発揮するには至らず、なんとも悲しい結果になってしまったのです。

   いろいろな情報ソースを総合し、そんなん結論に至りました。

   一言で表すならば、「自らの力、過信するなかれ。過去は過去、今は今」。彼が残してくれた貴重な教訓であると思います

   こじつけがましい話に聞こえるかもしれませんが、私の仕事に置き換えれば、企業経営にも同じことが言えると思いました。一代で会社を育て上げたどんなに優秀な経営者も、年をとれば思考力、分析力、判断力は、例外なく衰えてしかるべきです。

   過去の自らの経営手腕をイメージして、「まだまだ人には任せられん」とトップの座に居座り続けることで、企業を衰退の道へと導いてしまう経営者を複数見てまいりました。

   「自らの力、過信するなかれ。過去は過去、今は今」、改めてベテラン経営者にはお伝えしたい教訓であります。

   Kさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中