40才過ぎたら、英語を「断捨離」せよ!(10)

印刷

   40代で英語に再チャレンジをするまで、ありとあらゆる「英語学習」に手を出しては、失敗と挫折を繰り返していました。

   お金をかけたわりには成果がなく、いつまでたっても「カタコト英語」から抜け出せない。失敗の原因は、あれこれと手を出しすぎていたからです。

  • 「断捨離」しないと……
    「断捨離」しないと……

あなたに必要なのは「アウトプット」、それとも「インプット」?

   40代で「英語の断捨離」をして初めて気がつきました。何を捨て、何を残すべきか――。

   もしかしたら、あなたも「英語の断捨離」したほうがいいのかもしれません。

   「断捨離」の目的は、ムダを捨てて本当に必要なものだけを残すことです。「断捨離」をすると、何をすべきかが整理できて、能率がグンと上がります。

   まず、「英語をマスターして、何をしたいのか?」を明確にしましょう。

   英語のスキルは、大きく「アウトプット」と「インプット」に分けられます。「話す」「書く」はアウトプットで、「聞く」「読む」はインプットです。あなたは、よりどちらのスキルが必要なのでしょうか?

   □をチェックしてみてください。

   〈アウトプット〉

   □ 外国人と英語で交渉ができるようになりたい

   □ 英文メールがスラスラと書けるようになりたい

   □ 英語の契約書を作成できるようになりたい

   □ 英語でプレゼンができるようになりたい

   □ 海外旅行先で、英語で会話ができるようになりたい

   □ 東京オリンピックで英語のボランティアをやりたい

   〈インプット〉

   □ ニューヨークタイムズなど英字新聞を読めるようになりたい

   □ 米CNNや英BBCなど、海外のニュース番組を観たい

   □ 海外セレブのツイッターをフォローしたい

   □ 英語の配布資料を理解できるようになりたい

   □ ビジネスの専門知識や最新情報を英語でゲットしたい

   □ 海外ドラマや映画を字幕なしで理解できるようになりたい

   〈アウトプット〉にチェックが多ければ「話す」「書く」に、〈インプット〉にチェックが多ければ「読む」「聞く」に比重を置いて学習しましょう。

   よくあるのが、アウトプット(話す・書く)に注目するあまり、インプット(聞く・読む)をないがしろにしてしまうケースです。私の失敗の原因も、「アウトプット偏重」にありました。

   どんなに英語が得意な人でも、何の知識もなしにいきなり英語で交渉やプレゼンはできません。あらかじめ資料やデータに目を通したり(読む)、アドバイスを受けたり(聞く)といった準備をして挑むはずです。

   また、頭の中にインプットされていない英単語や言い回しが、いきなりスラスラと口から出てくることもありません。海外の話題を知らずに、外国の方と雑談はできないでしょう。インプットがない空っぽの状態では、アウトプットはできないのです。

   そもそも、ふだんの生活で、英語を「話す」「書く」必要がある人は、意外と少ないのではないでしょうか?

   思い切ってアウトプットを「断捨離」して、まずはインプットから始めるのも一つの方法です。私も、「インプット重視」に切り替えてから、グンと上達しました。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中