2019年 6月 18日 (火)

その16 真夏のスーツにネクタイ【こんなものいらない!?】

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本の夏は蒸し暑い。その暑さをいわゆる「ノーネクタイ・ノージャケット」のカジュアルな軽装で乗り切ろうという「クールビズ」が、今年(2017年)も5月1日に始まった。

   小池百合子東京都知事が環境相だった2005年に呼びかけた運動で、小泉純一郎首相(当時)のアイデアだそうだ。

  • 百貨店の夏物紳士服の売り場。「クールビズ」の一方で、スーツにネクタイも目立つ。
    百貨店の夏物紳士服の売り場。「クールビズ」の一方で、スーツにネクタイも目立つ。

スーツにネクタイに「復権」ムード

   このクールビズ―― 個人の着るものに政府が口を出す、いわば「官主導」であり、「横並び」を強制する感じもする。その点はいささか気に食わないが、軽装そのものには僕も大賛成である。夏の服装には何かと苦労してきた。

   ところが、新聞の報道によると、最近はやや風向きが変わってきたみたいだ。

   「カジュアル過ぎると、ビジネスの場に合わない」という男性からの声が多くて、ジャケットやスーツが「復権」しつつあるようなのだ。ネクタイも裏地のない軽いものが売り出されたと聞く。

   でも、ちょっと待ってほしい。

   僕は新聞社にいた現役時代、経済部の記者を長くやっていた。企業の社長や財界人といった人たちに取材することも多かった。

   相手は真夏でも決まってスーツにネクタイ姿だが、僕は白い開襟シャツ姿だった。日本の夏にはそれが正しい服装だと思っていた。初対面の時には「こんな軽装で失礼します」と断りを入れたりしたが、不都合は何も起きなかった。

   ただ、少し困ることもあった。何かのパーティーの際には、僕以外の男たちは皆、スーツにネクタイ姿である。群衆の中で僕ひとりだけが開襟シャツ姿だと、その場になじまない感じがしてしまう。開襟シャツを着た「味方」が数人でもいてくれれば、と思ったこともある。葬儀・告別式の際もそうだった。

岩城 元(いわき・はじむ)
岩城 元(いわき・はじむ)
1940年大阪府生まれ。京都大学卒業後、1963年から2000年まで朝日新聞社勤務。主として経済記者。2001年から14年まで中国に滞在。ハルビン理工大学、広西師範大学や、自分でつくった塾で日本語を教える。現在、無職。唯一の肩書は「一般社団法人 健康・長寿国際交流協会 理事」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中