ソフトバンク、10兆円ファンド設立 IoT、AIへの投資を加速

印刷

   ソフトバンクグループは、930億ドル(約10兆円)規模の投資ファンド「SoftBank Vision Fund」を設立したと、2017年5月20日に発表した。

   サウジアラビアの政府系ファンドPublic Investment Fund(PIF)のほか、米Appleや台湾の鴻海精密工業とシャープなどが参画。最先端技術を有するIT企業などへの投資を加速させる。

  • ソフトバンク、IoTやAIの投資に積極的
    ソフトバンク、IoTやAIの投資に積極的

30社の投資先と話し合い

   ソフトバンクの「SoftBank Vision Fund」は、テクノロジー分野に投資するファンドで、投資先はIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ロボティクス、情報通信・データビジネスなど多岐にわたる。

   投資先について孫正義社長は、すでに「30社近くと話し合いを進めている。最先端の成長する会社を続々と仲間に入れたい」としている。

   ソフトバンクグループは、ファンドに約3兆円を出資する計画。このうち9000億円は、英子会社で半導体メーカーのARMの株式を移管する形で資金を拠出する。

   また、ファンドはソフトバンクグループの連結対象とする。そのため、運用実績のほか、投資先の業績や資産、負債もソフトバンクの業績に直結する。

   ソフトバンクは2016年10月にファンド設立の意向を表明していた。

   このニュースに、インターネットの掲示板などでは、

「自転車操業投資ビジネスモデル?」
「海外ファンドは短期に利益を求めるのが一般的。いずれ軋轢がwww」
「インフラ会社が、国内のインフラを強化せずに海外で散財か... 大したご身分だなw」
「孫さんは日本屈指の投資家と思ったほうがええんやないの???」
「孫社長。ここまではお見事といっておこう」
「日本の携帯会社は、ユーザーに高額の使用料を課して、その利益を湯水のように使う。その金で、なかなか繋がらない地域の改善に使っていれば、その恩恵は膨大なはず」

などと、孫社長への賛否の声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中